現在の位置

更新日:2018年12月12日

児童手当・特例給付

この制度は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

1.支給対象児童

中学校3年生まで(15歳到達後の最初の3月31日まで)の児童で日本国内に居住していること。

※国外居住でも留学中の場合は可。

※児童福祉施設等に入所している児童の手当は、施設の設置者等に支給されます。

2.手当月額

児童1人あたりの手当月額(所得制限範囲内の場合)
→「児童手当」

(1) 0~3歳未満

15,000円

(2) 3歳~小学校修了前まで(第1・2子)

10,000円

(3) 3歳~小学校修了前まで(第3子以降)

15,000円

(4) 中学生

10,000円(一律)

児童1人あたりの手当月額(所得制限を超過している場合)→「特例給付」

5,000円(一律)

3.手当支給日

支給日 支給対象月
10月15日 6月~9月
2月15日 10月~1月
6月15日 2月~5月

 

 

 

※支給日が土曜日、日曜日、祝日、その他の休日の場合は、その前日の平日が支給日になります。

 (注)転出などにより、明石市での受給資格が消滅した場合は、原則、事由発生日が属する月分までの手当を明石市にて支給します。

 

4.認定と支給開始について

出生・転入等により、明石市で新たに児童手当の支給対象となる場合は、認定請求書の提出が必要です。

1.出生の場合・・・出生日の翌日から15日以内

2.転入の場合・・・前住所地の市区町村転出予定日の翌日から15日以内

出生日や前住所地での転出予定日等の翌日から15日以内に認定請求(新規申請)をすれば、出生等の属する翌月分から支給開始となります。

・請求に必要な書類が揃っていない場合で、上記期間に手続きができない場合は、「認定請求書」を先に提出してください。(請求に必要な書類は後日郵送で提出可)

※特に「里帰り出産」等の理由により、市役所窓口で児童手当の認定請求(新規申請・増額申請)書の提出が困難な場合、郵送で提出できます。書類をお送りしますので、必ず下記までご連絡・ご相談ください。

認定まで、書類が全てそろってから、1か月~1か月半ほどかかり、手当の支給は、認定後となります。

公務員の方

・児童の父母のうち、所得が高い方が公務員(独立行政法人等へ出向・派遣の場合を除く)の場合は、所属庁(勤務先)で児童手当の認定請求が必要です。

・所属庁(勤務先)で既に手当を受給されており、人事異動等により、独立行政法人等へ出向・派遣となった場合は、異動等辞令日の翌日より15日以内に明石市児童福祉課へ認定請求(新規申請)が必要です。

 

「請求(申請)に必要なもの」・「提出方法」・「所得制限限度額など制度の詳細」については、こちらからご確認ください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

児童福祉課
兵庫県明石市中崎1丁目5-1
電話番号:078-918-5027

メールフォームによるお問い合わせ