現在の位置

更新日:2018年04月01日

赤ちゃんが生まれたら

出産後 0才

sai0

市民課で出生届を提出し、あわせて児童福祉課で児童手当および、こども医療費助成の申請も行ってください。

出産育児一時金の申請も行いましょう。

入院養育が必要な未熟児に対しては、未熟児養育医療の給付があります。

出生連絡票を窓口または郵送でこども健康センターに提出します。新生児訪問の申し込みは、出生連絡票で行います。

第1子の赤ちゃんとママを対象にしたひよっこひろばを行っています。

産前産後子育て応援ヘルパー派遣子育てスタート応援事業子育て訪問相談を行っています。

子育てに関する相談は、相談窓口のページをご覧ください。

ベビーシートの貸し出しを行っています。

2か月

生後2か月ごろから、予防接種が始まります。

こんにちは赤ちゃん訪問で、民生児童委員等がご家庭を訪問します。

さまざまな相談窓口があります。子育てで気なることは、何でも相談ください。

4か月

4か月児健康診査を受けましょう。

こども健康センターで、小児科・整形外科の専門医による診察と、育児相談を行っています。

対象者には3か月ごろ、日程などの案内をお送りしています。

離乳食教室(前期)を行っています。

離乳食について、講義や試食などを通して学べる教室を開催しています。

第1子が4~6か月児の方が対象です(離乳食のはじめ方と全体の進め方について)。

10か月

10か月児健康診査を受けましょう。

市内の指定小児科医療機関において、10か月児の健康診査を行っています。

対象者には9か月ごろ、個別に案内をお送りしています。

離乳食教室(後期)を行っています。

離乳食について、講義や試食などを通して学べる教室を開催しています。

第1子が9~11か月児の方が対象です(離乳食後期から完了期の進め方について)。

sai1

1歳6か月児健康診査を受けましょう。

こども健康センターで、小児科・整形外科・歯科の専門医による診察と育児相談を行っています。

対象者には1歳7か月ごろ、日程などの案内をお送りしています。

2歳児歯科健康診査を受けましょう。

市内の指定歯科医療機関において、2歳児の歯科健康診査を行っています。

希望される2歳児には、歯科医師が可能と判断すれば、無料でフッ素塗布も行います。

対象者には2歳3か月ごろ、個別に案内をお送りしています。

小さな幼児とペットの猫が仲良く並んでいるイラストです。

3歳6か月児健康診査を受けましょう。

こども健康センターで、小児科・眼科・歯科の専門医による診察(必要なときは耳鼻科医の診察)、尿検査、育児相談を行っています。

対象者には3歳5か月ごろ、日程などの案内をお送りしています。

この記事に関するお問い合わせ先

子育て支援課支援係
兵庫県明石市大明石町1丁目6-1 パピオスあかし5階
電話番号:078-918-5597

メールフォームによるお問い合わせ