現在の位置

更新日:2021年07月01日

こども医療費の助成

 

明石市こども医療費助成制度は、子どもが病気やけがにより医療機関等を受診した場合に、窓口で支払う医療費(保険診療分)を助成する制度です。助成を受けるには申請が必要です。

※令和3年7月から対象年齢を高校3年生まで拡大しました。

制度の内容

対象者 一部負担金 所得制限

0歳~高校3年生

(18歳到達後の最初の3月31日まで)

※高校等に通っていない方も対象です。

外来・入院

負担なし

なし

・助成対象は、健康保険が適用されるものに限ります。

・特定疾病、自立支援医療等の公費負担医療制度の助成を受けた場合は、こども医療費受給者証を医療機関の窓口で利用することはできません。ただし、窓口でお支払いになられた自己負担分(保険診療分)については、申請により助成を受けることができます。

・入院時の食事療養費、診断書料・証明書料などの文書料、薬の容器代、差額ベッド代、初診時保険外併用療養費(紹介状なしで、200床以上の病院に初めて受診した場合の費用)については、助成の対象外となります。

受給要件

  1. 対象者の住所が市内にあること。
  2. 対象者がいずれかの健康保険(全国健康保険協会、国民健康保険、共済組合等)に加入していること。
    ※生活保護法による医療扶助を受けている場合は受給できません。

申請に必要なもの

  • こども医療費受給者証交付申請書
  • 健康保険証(被保険者及び子どもの名前が記載されているもの)
  • その他状況により別途添付書類が必要な場合があります。

所得・課税情報の確認について

 明石市では、こども医療費助成制度について所得制限を設けておりませんが、市が兵庫県の医療費助成制度に上乗せして行っているものであり、兵庫県からの補助金交付の対象者かを確認するため、保護者(扶養義務者)の所得確認が必要となります。そのため、中学校卒業年度までの子どもが申請対象の場合は、「課税情報の確認にかかる同意書(こども医療)」の提出を求めることがあります。本制度の維持に必要な財源確保のため、ご協力くださいますようお願いします。

(参考資料)

課税情報の確認にかかる同意書(こども医療)

兵庫県福祉医療費助成事業実施要綱(一部抜粋)

兵庫県こども医療費助成事業実施要綱(一部抜粋)

申請場所

児童福祉課及び各市民センター、サービスコーナー、及びあかし総合窓口で受付しています。

※児童福祉課・あかし総合窓口で申請された場合は、審査のうえ、原則として受給者証を即日発行します。市民センター、サービスコーナーで申請された場合は、児童福祉課で審査のうえ、後日受給者証を郵送します。

〔郵送で申請される場合〕
申請書・健康保険証(コピー)を同封のうえ、児童福祉課へ郵送してください。
〒673-8686 明石市中崎1丁目5番1号明石市役所児童福祉課

届出が必要なとき

次のような時は、児童福祉課に届出が必要です。

こんなとき 必要なもの 手続きなど

1.名前が変わった

2.市内で転居した

●受給者証

●健康保険証

こども医療費受給資格等変更届を提出して、変更後の受給者証の交付を受けてください。

3.受給者証をなくした

 受給者証が破れた・汚した

●受給者証(なくした場合は不要です)

●健康保険証

こども医療費受給者証再交付申請書を提出して、受給者証の再交付を受けてください。

4.健康保険証(組合員証)が変わった

●受給者証

●新しい健康保険証

こども医療費受給資格等変更届を提出してください。

5.健康保険の資格がなくなった

6.市外へ転出した

7.生活保護を受給することになった

8.死亡した

●受給者証

資格がなくなりますので、すみやかに受給者証を返却してください。

※資格が無くなった後に誤って使用された場合は、医療費を返還していただくことになりますのでご注意ください。

9.交通事故など第三者による損害を受けた

 

事故の内容をお伺いする必要がありますので、ご連絡ください。

10.県外で医療費を支払った

11.受給者証を提示せずに受診した

12.治療用装具を作った

 

他府県で受診したとき、受給者証を提示しないで受診したときなどで、医療費を窓口で支払った場合は、申請により助成することができますので、ご連絡ください。

※保険診療外の医療費は対象となりません。

医療機関の適正受診にご協力ください

問い合わせ先

児童福祉課

電話番号:078-918-5027

ファックス:078-918-5196

この記事に関するお問い合わせ先

児童福祉課
兵庫県明石市中崎1丁目5-1
電話番号:078-918-5027

メールフォームによるお問い合わせ