現在の位置

更新日:2019年11月21日

こどもすこやかネット

明石市では、児童虐待や児童の非行・犯罪の予防や早期発見、早期対応、再発防止など、児童を健全に育成するため、明石市児童健全育成支援システム(こどもすこやかネット)を設置しています。

こどもすこやかネットとは

こどもすこやかネットは、地域・関係機関・関係団体が一体となって、児童虐待や児童の非行・犯罪の未然防止、早期発見、早期対応及び再発防止を図るとともに、児童の健全育成に向けた施策を総合的に推進するためのネットワークシステムです。

こどもすこやかネットのイメージ図

ひとりで、また一つの機関で子どもを守ることはむずかしいこと。
「こどもすこやかネット」は常に子どもを中心に考えて、関係機関や地域の「あなた」と連携して取り組んでいます。

もっと「こどもすこやかネット」のことを知ってください。

 

構成機関と活動内容をご紹介します。

会議の開催や研修等の実施報告です。

児童虐待のことを知って、子どもたちを守りましょう。

 

こどもすこやかネットの取り組みや、子育て支援に関する情報をみなさまにより広く知っていただくため、こどもすこやかネットだよりを年2回発行しています。ぜひご覧ください。

 

なぜ ネットワークなの?

ネットワークを組むことで次のメリットがあります。

1 多面的で柔軟な対応ができる

複数の関係機関が関与するので、情報が集まりやすく、支援策も拡がるので、複合的問題を抱える家族を多様な側面から柔軟に支援できます。

2 情報・支援策の共有、役割分担の明確化により、迅速で的確な対応ができる

虐待や問題の状況の認識が統一でき、支援策の共通理解を図ることで、迅速な対応ができます。また、会議の中で、各機関の機能や体制について情報交換することで、適切な役割期待と役割意識をつくることができます。

3 支援者同士、支えあうことができる

長期化する支援では、親への対応等に苦慮することも多く、支援者も疲れたり行き詰ってしまうことがあります。ネットワークは、メンバーによる活動の場、複数の眼による検討の場であり、支援者相互の支援の場でもあるので、他の機関のバックアップを受けることができます。

 

ひとりで、また一つの機関では、子どもを虐待から守ることはできません。
あなたもネットワークの一員です。
子どもを守るために、悩んでいる親のために、ご協力ください。

 

「もしかして虐待かな?」と思ったら、ためらわずにご連絡、ご相談ください。
相談にあたっては、プライバシーを尊重し、秘密を厳守します。
あなたからの相談で、関係機関が連携をとり、その家庭の子どもと家族に援助の手が届くことになります。
連絡・相談は、明石こどもセンター(電話:918-5097・夜間休日電話:921-5726)へ。

 

明石市では、子どもたちの人権とすこやかな成長を守るために、児童虐待防止のオレンジリボンキャンペーンを実施しています。

虐待防止のために大人は何ができるのでしょうか。

みなさんもそれぞれの立場でオレンジリボンを胸元などに着けて、児童虐待の防止をアピールしてください。

そして共に児童虐待のない社会を実現しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

明石こどもセンター こども支援課
兵庫県明石市大久保町ゆりのき通1丁目4-7
電話番号:078-918-5097

メールフォームによるお問い合わせ